立地条件を重視し注文住宅を建ててみましょう

プライバシーの高い住宅

室内

窓の表情

窓から何が見え、外からどう見られるのか、大阪ではプライバシーを確保した一戸建て住宅が人気を集めています。位置や方位、道路や隣家との距離もポイントですが、住み心地に大きな役割を果たすのが窓です。大阪の気候風土による風や日差しの入り方も重要視されています。室内からの眺めばかりではなく、隣家や道路から内部がどう見えるのかも意識されているのも特徴です。センスのよい窓、サッシ、枠組みなどが選ばれ、窓を組み合わせて使用することを想定した一戸建ても人気です。外観にリズミカルな表情が生まれるなど、個性的に演出できます。もちろん、防犯やデザイン上の効果で注目されており、細長いスリット窓や小さなスクエア窓の組み合わせは人気です。必要に応じて風や光、プライバシーを守ることに繋がっています。

理想をイメージ

建主がどんな家に住みたいのか、家族構成によって一戸建て住宅の理想と現実には違いが見受けられます。一戸建て住宅を一から造るのではなく、大阪近郊・郊外ではランニングコストを考慮し、購入するケースも増加傾向です。この場合には複数のゾーンからゾーニングすることも理想に近くなります。家族が集まるパブリックは長い時間を過ごすため、日当たりは重要です。サービスゾーンは生活機能を支えるスペースで、キッチンや浴室、トイレが該当します。ユーティリティなども動線を十分考えた配置であるのか、チェックしたい場所です。大阪の一戸建て住宅でもエントラスにこだわるケースは増えています。門やカーポートとの繋がりを考えますが、玄関は来客を迎える場所で、住まいの顔としてのイメージづくりも大切です。一戸建て住宅では廊下や階段などの通路も意識すべきで、玄関から直接二階へ、またはパブリックゾーンを通るのかなど、家族関係を考える上でもポイントとなります。